講座詳細

英語ネイティブの読み手に刺さる英文ライティングを4回の講義で集中的にブラッシュアップ!超・実践型トレーニングで相手の心に響く英語表現とボキャブラリーを学べ!

プロモーショナル・ライティング powered by GCAI

英語ネイティブの読み手にも響く英文を書きたい。商品やサービスの魅力をシンプルに⼒強く表現して、海外のクライアントやユーザーに伝えたい。そんなあなたの思いに応える英文ライティング講座が「英語プロモーショナル・ライティング powered by GCAI」です。英語ネイティブの読者の視点に立って目標レベルを設定し、ノンネイティブの書き手が学ぶべきスキルと、英文ライティングに必要な戦略を丁寧に解説。実践的なエクササイズを通じて書くテクニックを確実に身につけます。

講座の前半では、英⽂作成に不可⽋なストーリー的構成術(ストーリーテリング)のスキルや相⼿に伝わりやすい⾔葉選びを徹底的に学び、それらを⽣かしてエクササイズに挑みます。後半では、相⼿からの反応に対し、すばやく適切なトーンで返信するテクニックや、持てる英語表現やボキャブラリーを駆使した長文のライティングスキルを習得。エクササイズでは、記事的な内容で長めのSNS投稿文を作成します。

たとえ今は熟練の英語ネイティブのライターと同じように書けないとしても、英語ネイティブの読者をうならせるような、シンプルで的を射た英文ライティングを身につけることはできます。この講座で学ぶことで、プライベートや仕事の様々な場面において、英文を書く人としての⾃信をつけるきっかけが掴めるはずです。

回数

週1回・2時間・全4回

受講料

38,880円(税込)

日時

2018年10月17日(水)から毎週水曜日 19:00~21:00

講義言語

英語(場合によって一部日本語)

「プロモーショナル・ライティング powered by GCAI」にお申し込みの方はこちら▼

受講お申し込み

カリキュラム

英語ライティングのためのストーリー的構成術

概論:レベルアップした英⽂作成に必要なストーリー的構成術(ストーリーテリング)について、プロの⽂章、SNS、商品・サービスの短い紹介⽂を例にあげながら学ぶ。

エクササイズ:ストーリーテリングを活⽤し、⾃社の商品・サービスを紹介することをテーマに魅⼒的なコンテンツを作成してみる。

2

英語表現・ワードチョイスのテクニック

概論:英語ネイティブが読んでも自然でわかりやすく、効果的な⽂章構成と⾔葉選び、表現⽅法などを学ぶ。また、実例からシンプルな表現の重要性とそのパワーを検証する。

エクササイズ: 課題で書き上げた⽂章のフィードバックを受けたあと、より自然で伝わる表現になるよう課題の⽂章を書き直す。

3

英語らしいトーンで、より速くスムーズに返信するコツ

概論:課題のフィードバックを受ける。また、英語のメールに特徴的な丁寧でありながら親しみやすいカジュアルなトーンの書き方や、商品・サービスに関連するメールやSNSのリアクションにより速く反応できるスキルを学ぶ。

エクササイズ:リアルタイムでメールやSNSのコメントに反応して、即時に返答するテクニックを実践する。また、講師からフィードバックをもらう。

4

英語ネイティブの読み手の印象に残る⻑⽂成術

概論:総合的な英語ライティング力トレーニングの仕上げとして、少し長めの記事的なポスティング(投稿)をするコツを学ぶ。客観的でありながら個人的なコメントをうまくおりまぜた構成と表現を活用することで英語ネイティブに好印象を与えることができる。

エクササイズ:課題のフィードバックに基づいて、⾃分の投稿を書き直し、発表する。

「プロモーショナル・ライティング powered by GCAI」にお申し込みの方はこちら▼

受講お申し込み
0K9A6468

講師 ダグ・ジャクソン

ライター/編集者

アメリカ、カリフォルニア州出身。コミュニケーション・コンサルタント会社Fresh Eyes Communications代表。1981年に来日後、大手自動車メーカー、出版社、政府機関などの社内報やIRを手がける。SNSを活用した企業・団体関連のPRライティング経験も豊富。共著書に『バンクーバー朝日 ~日系人野球チームの奇跡~』(文芸社)の英訳版『More Than a Baseball Team: The Saga of the Vancouver Asahi 』(Media Tectonics)がある。
担当講座: プロモーショナル・ライティング powered by GCAI

新着体験談

体験談一覧
hirama-san
平間久美子さん
フォトグラファー/通訳案内士として訪日客のガイドを務めています。一番の収穫は、自分のサービスを紹介するWebサイト(こちら)を、とても分かりやすいものにできたことです。「ライティングのためのストーリーテリング」といった4回の講義を通じて「どういう順番、表現、手法で物事を伝えたら分かりやすいのか」を考えられるようになりました。同じ挨拶文でも、伝え方によってこれほど印象が変わるものかと驚いています! 英文のテクニックだけでなく効果的なビジネスの進め方のヒントも盛りだくさんのコースでした。

Facebook

Instagram