メディアGCAI
あなたの仕事の中に、暮らしの中にある
「グローバル・パブリシティ」のヒント

フランス人女性に学ぶ“自分らしく生きる美しさ”

2017.9.25
“自分の人生が好きかどうか?”と考えることはありますか?
人は誰でも「あの時の選択は正しかったのだろうか」思い悩むもの。しかし、今の自分自身と向き合い、自分らしい生き方を見つけていくことで自分の人生を好きになれる――そう語るのは「フランス人は年をとるほど美しい(2015年大和書房出版)」の著者で、国際ジャーナリスト、エッセイストのドラ・トーザンさん。フランス人の彼女は約20年間、フランスと日本の架け橋として、テレビ、ラジオ、執筆と多岐にわたり活躍してきました。
ドラさんの考える“自分の人生が好きになるコツ”とは、常に自分の人生が好きかどうか向き合う時間を意識的に持つということ。その上で“自分に正直に生き、気の合う人と時間を過ごし、自分の欠点だと思う部分は視点を変え、年齢にはとらわれず、もっと自分を好きになり、人生を楽しく生きる”――。そうすれば、何歳になっても自己肯定感を高めていくことができ、人間的にも魅力が増していけるのだそうです。
残念ながら多くの日本女性(もしくは日本人全般)はまだ、年齢や社会にある固定観念にとらわれやすく、以下のような理由から自分らしく生きることに臆病になっているとドラさんはいいます。
「自己肯定感が他国に比べ圧倒的に低い」
平成25年に内閣府が日本を含む7カ国の13~29歳の若者を対象に「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査(※)を行いました。その中で、「自分自身に満足しているか」という問いに対し、「そう思う」と答えた人は日本45.8%でしたが、フランスは82.7%、アメリカ、イギリス、ドイツも80%を超えていました。また「自分には長所があるか」との問いに、「ある」と答えた人は日本68.9%、フランス91.4%、アメリカ、イギリス、ドイツは90%前後。「40歳になった時に幸せになっているか」という問いでも「そう思う」と答えた人が日本66.2%に対し、フランス87.4%、アメリカ、イギリス、ドイツも80%という結果でした。この調査から日本人は他国よりも自己肯定感が低い傾向にあるということが分かります。
(※)「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」http://www8.cao.go.jp/youth/kenkyu/thinking/h25/pdf_index.html)
「年齢や適齢期に縛られやすい」
ドラさんが日本で驚いたのは、あらゆるものが年齢で区切られ、さまざまな○○適齢期というものが存在するということ。フランスでは「この年齢だから○○をしなきゃいけない」という概念はなく、「今、自分がなにをやりたいか」を優先します。また人間関係においても同い年だから年上だから年下だから…などと他人の年齢はまったく気にしません。その人と気が合うか、尊重できるか、自分がどう感じられるかを重視するので、世代や年齢は関係ないそうです。
「世間の声や常識に惑わされがちである」
日本人は必要以上に他人や社会の目を気にしがち、大切なのは他人からどう見られるかではなく自分がどう生きたいか、だとドラさんはいいます。自分らしく生きるためには決断するための自信が必要ですが、世間の声や常識に惑わされて決断した人生は、自分自身の思いで決められたものでないため、結局自分の人生が好きになれない、自信が持てないという現象が起こります。自分が望むように生きるということは、我を押し通し自由奔放に生きるという意味ではありません。他人のジャッジや誰かのせいにして生きることではなく、自分自身で選択して生きることです。

オードリ・ヘップバーン
美しくスタイリッシュで、ハリウッド史上最も愛された女優として知られるオードリー・ヘップバーンは、晩年ようやく自分らしい生き方を見つけました。華やかな銀幕の世界で生きるよりも、自らの不遇な少女時代を途上国の子どもたちの姿に重ね、慈善活動に人生を捧げることに、彼女は生き甲斐を感じたのです。
――確かに私の顔にはシワが増えたかもしれません。でも私はこのシワの数だけ優しさを知りました。だから若い頃の自分より、今の自分の顔のほうがずっと好きです。――
ヘップバーンのこの言葉には、自分らしく生きる道を見つけ、人生を切り開き、年齢を重ねた人だからこそ語れる力強い美しさが溢れ出ています。もし幸せに年齢を重ねたいと思っているのなら、一度、自分の人生が好きかどうかを自分に問いかけてみましょう。
今のあなたは、“自分に正直に生き、気の合う人と時間を過ごし、自分の欠点だと思う部分も視点を変え、年齢にはとらわれず、もっと自分を好きになり、人生を楽しく生きる”ことが出来ていますか?
もし答えが“No”ならば、好きになれるように“Action”すればいいのです。たとえ小さな“Action”でも、その一歩には幸せに年齢を重ねるための可能性が多大にあります。
GCAIでは、自分らしい生き方を追及し、さまざまな分野で活躍する4人の女性をゲストに『海外への情報発信で人生を変えた女性たち』パネルディスカッションを開催します。きっと、自分の人生を好きにするインスピレーションをもらえるはず。
ぜひお越しください。

Facebook

Instagram